スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11:46

作品名:11:46(洋画)

点数:60点


本作、パッケージは地下鉄の電車内ですが、電車はそれほど重要な物ではありません。

あらすじ
ある日、病院勤めの主人公カレンが自宅に帰るために電車に乗車します。
しかし、その電車が途中で停車してしまいます。車掌等が復旧作業を行っていると数人の乗客が所持しているポケベルが鳴りはじめます。
すると、そのポケベルを所持している人達が急に他の乗客を襲いはじめて・・・。

とざっくり冒頭を説明するとこんな感じです。
悪魔だとか、世界の終わりだとか、本作は狂信者達が教祖の言葉に従い、「救い」と称した殺害を行っていきます。
悪魔に関しては、実際の描写はあるものの、幻覚なのかそうでないのかの説明がされておらず、観た人によって判断が違う気がします。
ちなみに私は、幻覚だと思っています。
というのも、本作で序盤から終盤にかけて悪魔を見ているのは主人公カレンと、狂信者の一部だからです。

「本当にいると思うから見えてしまう」

というのは、よく言われている言葉ですが、主人公カレンは「実際に悪魔っているんじゃないだろうか」と思ってしまうような体験をしています。
ですから、狂信者達は勿論のこと、カレンは悪魔を見てしまう人物だと言えます。
実際、集団で行動している時も「何か」を目撃したのはカレンだけでした。

問題は、最後の最後でマイクが悪魔を見てしまったような描写があることで、これについては解釈が分かれそうです。

マイクが悪魔を見てしまったのは、狂信者達の狂気に触れた事や、普通では考えられない出来事が目の前でいくつも発生したからで、そういった現象を目撃するうちに、カレンと同様「もしかしたら、悪魔っているのかもしれない」という感情が内部的に発生し、見えてしまったのではないか?という解釈ができます。
この解釈だと、マイクが見た悪魔は幻覚という事になりますので、結局悪魔はいない事になります。
私はこちらで解釈しました。

ですが、マイクが内部的に「もしかしたら・・・」の感情を発生させておらず、精神的に正常を保った状態で「何か」を見たのなら、狂信者達の予言通り、悪魔が出現したことになります。

私は幽霊を見たことがないのですが、上記の通り解釈しましたので、本作を見て「思い込みって怖いね。」と少し思いました。


本作はシナリオ的にシンプルで、
狂信者側:
教祖(牧師と呼ばれているようです)から命令きたから、目的を果たそう!
目的:信者じゃない人、信者であっても汚れてしまった人、信者であっても信仰深くない人を殺害する事で、救済する。

この時、「信者であっても汚れてしまった人」というのは、女性:純潔を失った 男性:童貞を失った という信者を指すようです。
救済する理由は、殺害しないと悪魔の出現媒体(?)にされてしまうからだそうです。その際、銃を使用して殺害する事はNGらしく、予め所持していた短剣と剣でのみ、殺害する事で救済されるようです。

一般人:
いきなり信者が襲い掛かって来たから抵抗する。逃げる。

登場人物はこの両陣営のどちらかに属しています。
中には例外として、狂信者であったが、一般人である恋人のために目的を放棄する人物もいたりしますが・・・。
つまり、悪魔的な描写はあるものの、悪魔が人間に何かをする。という作品ではありません。
人間の狂気を描いた作品だと思います。


点数は、期待通り、可もなく不可もなくといった感じだったので、まず50点。
洋画ではよくありますが、こちらを驚かせる演出がいくつかあって、それが良かったので+10点
合計60点の評価となりました。
面白いか、そうでないか、の評価であれば、面白いの部類に入ります。


最後に、少し笑ってしまったのが、この台詞まわし

狂信者のばあさん「パトリック(牧師の助手らしい)あなたは汚れてない?」
パトリック「クックックッ、勿論だ、雪みたいに真っ白!」
狂信者のばあさん「横柄な態度をあらためなさい、私のほうが格上よ!」
パトリック「・・・すいません、弱さがでました・・・。」

このやり取りに少し笑ってしまいました。
後、なぜか狂信者の中に一人剣を使うおっさんがいて(他の狂信者はみんな短剣が武器)、中々いい味をだしてました。



購入希望の方はこちらから↓


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうそう。これって演出がいいんだよね。
うん。それにしても思ってた以上に高評価でうれしい限り。正直な話、ホラー映画(ジャパニーズホラーではなく海外のB級ホラー)が特別好きでもないと、この映画はおもしろくないんじゃないかと思っていたが。
さぁさぁ。こうなったら『11:14』も観るんだ。『○○:○○』シリーズを制覇すべし。こっちはホラーじゃないけど、かなりおもしろいで。

No title

>>はつしお衣善
めちゃくちゃ規模がでかい話ではあったけど、それなりに楽しめたわ。
特殊メイクも結構頑張ってたし、普通に最後まで飽きずに見れたわ。

11:14とかもあるんかwww
うーむ、それじゃあ今度かりてくるかなぁw
プロフィール

じょんじい

Author:じょんじい
ゲーム、漫画が大好きです。
最近は、映画をちょくちょく観ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。