スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9地区

作品名:第9地区(洋画)

点数:100点


あらすじ
1982年、南アフリカのヨハネスブルク上空に突如宇宙船が出現しました。
人類が宇宙船内部に突入し調査を行うと、そこには結構な数のエイリアンが乗船していました。
エイリアン達は衰弱しきっており、こちらに危害を加える様子もない、そこで人類はエイリアン達を地上に降ろし、隔離地区を設立し、そこを人間達が監視下する形で、エイリアン達を生活させます。
その隔離地区の事を「第9地区」と呼びます。
しかしエイリアン達の事をヨハネスブルクの住人達はよく思っておらず、ある日不満が爆発し、暴動へと発展します。
そこで政府はMNUという機関にエイリアン達の移住をまかせます。



個人的には傑作と呼ぶにふさわしい作品だと思います。
まず設定が非常に面白いです。
エイリアンと言うと、地球外生命体であり、映画「エイリアン」のイメージもあって、人間に襲い掛かる化物を想像する方も多いと思います。
ですが、本作のエイリアンは他作品に出てくるようなエイリアンとは少し違い、言語を用いて人間とコミュニケーションを取れますし、好戦的なヤツもいれば、知性的なヤツもいます。
容姿こそ違えど、人間のような生命体です。
本作を観て感じたのは、人間の残酷さです。
実験材料や、殺害を行った上での罪悪感、そういったものが「人間か、それ以外か」という判断基準で行われています。
しかし、いざ私が作中のようなエイリアンと接触することがあれば、作中の登場人物達と同じことをしてしまうかもしれません。
それほどまでに、未知というものは怖いとも思いました。

点数は100点です。まず、減点部分がみつかりませんし、展開的にも設定的にも面白く、中盤から終盤にかけての先の読めない展開、機械、兵器のかっこよさ、そういった点諸々で楽しめました。
よって最高点である100点です!他人にも十二分にオススメできる作品だと思います。
グロいのが全く駄目!って人には合わないかもしれませんが・・・。



購入希望の方はこちらから↓




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

じょんじい

Author:じょんじい
ゲーム、漫画が大好きです。
最近は、映画をちょくちょく観ています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。